top of page
  • すまい環境設計株式会社

気密測定しました

こんにちは

寒川町の新築住宅の設計施工の工務店、すまい環境設計です!


「気密測定」


現場では、さまざまなところで「気密」の施工がされています。

*施工については社長のブログを読んでみよう。

気密工事についてのブログは←こちらから)

現場では、さまざまなところに気密の施工が施されています。


例:気密の施工部分

白いテープ部分は…気密施工

緑のテープ部分は…気密測定の準備で換気扇のスリープ(穴)をふさいでいます。


建物外周面には様々な設備の配線やスリーブのために外壁面に穴を貫通させている部分に対しても空気が漏れないように気密の処理をしています。


気密の工事が済んだところで、今回の「気密測定」

私自身、気密測定の立ち会うの初めてです。

どんな風に測定してるのか。。





結構なサイズの測定器が登場しました!


測定箇所の窓を決めて準備します。





室内の建具を閉めて、いざ計測します。

この測定器から空気を排出して、室内を負圧にします。

測定中、室内が負圧になって、

隙間があると、その隙間から風が入り込んできます。

気密の施工で様々な隙間を埋めてきているので、

いったいどこに隙間があるのだろう?


測定の担当の方、空気が漏れやすいところを確認しています。

(室内が負圧になっているので、隙間があると風を感じます。)

登っているところは、小屋部分。

日々測定を行っている担当の方、

隙間のありそうなところを次々と漏れていないか確認します。


漏れている可能性のありそうな箇所に対しては、その場で気密の施工を実施しました。

実際に測定に立ち会ってみて、各部の地道な気密の施工を見てきたので、

今回 『 C値 0.2㎠/㎡ 』 という結果がでて、

その場に立ち会っていた大工さんと一緒にほっとしました。

私も、どんなところが隙間なりやすいのか、

現場にいたみんなで確認し、隙間をなくすことへの意識がさらに高まりました。

気密の施工、ひとつひとつが大切ですね。


気密性能がいいことで、すまいの断熱性能もよくなりますし

室内空間の音も外に漏れにくくなります。

すまいの性能を支える重要な要素の一つです。


気密性能については、標準施工で決まっているので、

実際の建物で測定をしていない施工業者もありますので、

気になる方は気密測定を希望できる建設会社を選ぶいいですね。



大工さんと、次の現場も気密の施工頑張ろう! 

と意気投合した「気密測定」でした。

私は応援するだけですが・・♪


新築|リフォーム|リノベーション

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴

◆すまい環境設計株式会社

◆神奈川県高座郡寒川町岡田 1-6-3 1階

◆Phone   0467-55-5637

◆営業時間 10:00~18:00 (定休日:水・日・祝日)

◆お問合せ  info@sumaikankyo.com  

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴


















Comments


bottom of page