top of page
  • すまい環境設計株式会社

暑さ、寒さをやわらげる窓の改修 ~内窓取付

住宅の暑さ、寒さの原因は、屋外と屋内の熱の出入りがあります。

屋根・外壁・床・窓・換気なのですが、一番多い場所はどこだと思いますか?

答えは、『窓』です。

下の図をご覧ください。

冬は窓から52%の熱が逃げていきます。

夏は窓から74%の熱が入ってきます。

住宅の暑さ、寒さをやわらげるには、先ずは窓の断熱性能を高めるのが一番です。


YKKAP HPより


新築であれば、高性能の断熱窓(樹脂窓や木窓)を選びましょう。

今、住んでいる住宅であれば、窓の内側にもう一つ窓を取付ける方法があります。

下の写真は既存のアルミサッシの内側に樹脂製の窓を取付けたところです。

窓を開けるのに、内窓と外側の元々の窓を開けないといけないので、ちょっと面倒なんです

が、それ以上のメリットがあります。


内窓取付

夏は冷房、冬は暖房が効きやすく、省エネで快適に暮らすことができます。

結露に悩まされることも激減します。

下の写真は先ほどの窓をサーモカメラで撮影したものです。


内窓(全閉)
内窓(半開)

上は内窓を閉めた状態。

下は内窓を半分開けた状態です。

この日、外気温は0℃くらいまで下がりました。

室内側の樹脂窓の表面温度は15.1℃でしたが、元々のアルミサッシの内側は2.5℃まで冷えています。

内窓を開けた瞬間、冷気が室内に入ってきました。

この家は、築18年の分譲住宅で元々の断熱性能は等級3(UA値0.96)でした。

内窓を付けただけで、UA値0.69(等級4)まで改善しました。

最終的には天井断熱と床断熱を補強して、UA値0.59(等級5)まで改善することができました。

どこまで、断熱性能を向上させたら良いのかは数字(UA値)で判断するのは難しいですよね。

目指すのは快適に暮らせる住まいです。

費用対効果の高い断熱改修をするためには、現状の把握と改修後の予測が不可欠です。

以下のサイトで今の住まいの断熱診断ができるので、一度試してみてはいかがでしょうか?


光熱費シミュレーション

室温シミュレーション

詳細なシミュレーションが必要でしたら、当社にお気軽にご相談ください。

現況の調査、報告、改善のご提案をいたします。



Comentários


bottom of page